FXスクール インベストメントレシオ
  • 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2244号
  • 一般社団法人 日本投資顧問業協会会員012-02508

経済指標・FXトレードポイント

時間注目度内容前回予想
17:30スイス1月SVME購買部協会景気指数50.250.3
17:50★★フランス1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)51.051.0
17:55★★ドイツ1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)45.245.2
18:00★★ユーロ1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)47.847.8
18:30★★イギリス1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)49.849.8
23:45★★アメリカ1月製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)51.751.7
24:00★★★アメリカ1月ISM製造業景況指数47.248.5
24:00アメリカ12月建設支出(前月比)0.6%0.5%

皆さま、おはようございます!

先週の週明けから徐々に円高方向への値動きがみられましたが、その後相場全体の動きとしては落ち着いており、週末に近づくにつれて、注目していたポンド銘柄が動きはじめる結果となりましたね。

本日は、2月の始め、週末にEU離脱を果たしたイギリスを中心とした欧州通貨全般の大きな変動がみられる可能性もあるため、
まずは週明け、先週末からの相場の変化を確認したうえで、じっくりと相場の動きを観察しながら各銘柄の相場戦略を準備し、ポンド銘柄を中心とした各銘柄の相場の動き出すタイミングを待ち構えたいところですが、特にポンド銘柄は値動きの変動も大きい為、突発的な変動により、利益だけでなく損失につながる可能性もあるため、取引の際は必ずストップ設定を行うなど、大切な資金を減らさない為の対策も忘れずに実行していきましょう!

これからの注目銘柄
GBP/USD
GBP/JPY
GBP/CHF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポチにご協力をお願いします^^
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

のトレード

※取引を行った場合は翌日に取引結果を掲載いたします。取引結果イメージ

主要国の政策金利(%)
時点】

政策金利政策金利
ニュージーランド (NZD)1.00スイス (CHF)-1.25
オーストラリア (AUD)0.75イギリス (GBP)0.75
日本 (JPY)0.00~0.10アメリカ (USD)1.75
ユーロ圏 (EUR)0.00カナダ (CAD)1.75


FXトレードポイントを書いているのは

梅野 恵 先生(うめの けい)
株式会社インベストメントレシオ 講師 分析者

恵先生
2000年にFX取引をスタートした後に心彩と出会い、昼夜問わずFXトレードを行い、6ヶ月後にFX専業トレーダーとなった。

専業トレーダー時代の平均成績は月間5000pipsと、並外れた成果を出す程の敏腕。
心彩の抱くFX世界観や生き方に心酔し、2007年にインベストメントレシオFXスクールが創立されると同時に講師を志願。

以来、市況情報の配信など受講生の個別サポート担当をつとめる。
難相場と言われる局面でさえもポイントを的確に判断し、勝率は98%以上を常にキープ。トレードルール厳守の堅実的な姿勢だけでなく、柔和な人間性にも定評を得ています。